前へ
次へ

金融業界の規制緩和がもたらしたもの

日本の金融市場は長らく規制の下に護送船団方式を取り、銀行、保険、証券業など各分野を独占出来ましたが、それらの垣根を取っ払うことで他業種からの新規参入が相次ぎました。金融ビッグバンと呼ばれる1996年から行われた規制改革は大きく市場の様相が転換した出来事でした。既得権益を撤廃するという点においては革命的と言えますし、規制緩和が進み各企業同士の競争も激しくなることで日本だけではなく国際社会でも勝ち抜く強い企業が現れてくることは日本経済の発展のためにも良いことだと言えます。顧客の視点から見てもここ10年の間に様々な金融サービスが登場しました。ネットの普及に伴いネット証券、為替などを扱う会社が次々と立ち上がり利用者を増やしていきました。各金融機関で投資信託や外貨商品を扱えることで利用者の選択幅が増えたことは大きなメリットだと言えます。金融の規制緩和で成長を促す

クレジットカード現金化即日24時間振込

アースサポートは24時間365日対応
お金が必要な時即日対応で現金が手に入るアースサポートは頼りになります。

手数料の少ない東京の即日クレジットカード現金化業者
換金率が業界最高の98.8%となっているため、手数料が少なくて済みます。

過去に利用したことがないならご注意ください
回数券で行うクレジットカード現金化のリスクについてお伝えしています

それぞれのクライアントの希望に沿うカタログを制作する大阪の会社
ヒアリングにてクライアントが伝えたいことを伺ったうえで希望を実現したデザインを制作します。

百貨店商品券によるクレジットカード現金化
換金所で現金に換えることができます

金融の規制緩和というのは国の規制を緩めて市場に委ねて競争原理のもとに経済を活性化させる政策の一つです。いろいろなことをできるようにして活性化させることが大きな狙いです。投資信託などの商品が多くなり多様化したこともその一つです。これにより個人投資家なども購入しやすくなり活性化につながっています。また購入先も証券会社だけでなく銀行窓口でも購入できるようになるなど非常に簡単になってきています。またネット銀行やネット生保なども参入してきて競争が激しくなってきているので、消費者に有利なコストパフォーマンスの高いサービスが増えているのも大きな利点です。市場規模を大きくして経済を活性化させるには非常に有効な政策です。

Page Top