前へ
次へ

FXと外貨両替の違い

外貨両替は現在持っている通貨を別の国の通貨に交換することを言います。通常銀行や換金所で両替することとなり、一定量の手数料がかかります。為替レートは常に変化していますが、大きな変動がない限り「仲値」と呼ばれる、日本時間の午前中に決められたレートで交換することになります。一方FXとは通貨の価格変動を利用した投資方法です。実際に購入した国の通貨を手にするわけではなく、買ったものはいつか売り、売ったものはいつか買い戻す原則のもと成り立っています。中にはコンバージョンというシステムを導入しているブローカーもあり、そのシステムを利用すると銀行での外貨両替よりも安い手数料で、海外の通貨を手にすることができます。

Page Top